外反母趾の痛み緩和には冷やすもしくは温めるどっちが適切か

外反母趾の痛み緩和には冷やすもしくは温めるどっちが適切か

スポンサーリンク

 

外反母趾の痛みへの対処には、患部を冷やすべきか、あるいは温めるべきなのか、どっちが正しい処置方法なのかの判断を誤ってはなりません。
間違った処置が結果、症状を悪化させてしまっては取り返しがつきません。

 

 

【突然の激しい痛みが想定される外反母趾】

 

足の親指の骨が変形し、これが神経を圧迫して痛みを覚える外反母趾ですが、その度合いは必ずしも徐々に大きくなるとは限りません。
多くの場合、靴を履いての歩行から一定時間が経過した辺りから、患部がうずき出しますが、突然我慢出来ぬ程の激痛、あるいは靴を脱ぎ足を休めた状態でも、鈍痛が続いてしまうケースも見られます。
こうした状況下、咄嗟に冷やすもしくは温める、どっちが正しい対処なのか、俄には判断に窮してしまう方々も少なくありません。

 

 

【基本まずは冷やす対応から】

 

外反母趾に限らず多くの痛み緩和に共通する応急処置として、患部を冷やす対処を覚えておきましょう。
痛む患部を温めた場合、血行促進から感覚が過敏になり、初期対応としては逆効果となるリスクが否めません。
どっちか迷った場合には、基本冷やす対処から、その次の段階として。
必要に応じて温める処置が求められます。

 

スポンサーリンク

 

【痛さが引いた次の段階で温めるべき理由】

 

突発的もしくは続いていた痛みが引き、症状が安定したと判断出来たのであれば、次に患部の様子を見ながら、温める処置を施す事で、自力治癒を促進させる効果が期待出来ます。
骨が変形してしまった患部は、全てに於いて正常な状態と比較して、格段に不安定かつ脆い状態となっています。
弱体化した患部の回復には、血行促進から十分な成分や酸素を供給する必要があります。
ここでポイントとなるのが、時折生じる痛みに対し、やはり引き続き冷やすべきなのか、あるいは温めるべきなのか、どっちを選択すべきかに戸惑っても不思議ではありません。
自己判断が難しい場合には、臆せず専門医の診断を受け、適切な助言を仰ぐ姿勢も大切です。
外反母趾に伴う痛さの緩和に際しては、常に冷温どっちなのかを正しく判断から、万一迷った場合には温めない選択が確実です。

 

 

外反母趾の痛み軽減、温めるもしくは冷やす、どっちにすべきか窮した際には、まずは冷やす対処が確実です。
外反母趾の患部を冷やして痛みが緩和され、症状が安定した上で、血行促進を目的に温める順序で対処してください。
どっちを実践すべきか判断に窮した場合には、専門医の診察を受けた上で助言を仰ぐ姿勢も大切です。

 

スポンサーリンク

関連ページ

外反母趾は病院の何科で受診すべきか
子供の外反母趾に気づいた時には何科の受診が必要か
足の親指に生じる外反母趾のしびれの原因と対処に関して
外反母趾の対処におすすめのサポーターは100均でも調達可能
外反母趾がテーピングで治った事例を検証する
初期の外反母趾はどれくらいの痛みを伴うのか
外反母趾に伴う痛みが生じる場所とその特徴について
男性に生じる外反母趾の原因について
外反母趾とリウマチの違いを正しく理解する
突然生じた外反母趾の激しい痛みへの応急処置に関して
親指と反対側の小指に発症する内反小趾と外反母趾の相違点
外反母趾のひどい痛みに襲われた際の対処方法について
外反母趾の骨の出っ張りが原因の痛みと対処法
外反母趾が影響して生じるふくらはぎのむくみとその原因について
外反母趾が太る原因となるメカニズムに関して
外反母趾の痛み緩和により効果的なし湿布の貼り方
外反母趾で親指の第一関節が曲がっている場合の対処法について
外反母趾を自力で治す方法と自然治癒に関して
外反母趾と水虫の関係性と各々の対処法について
外反母趾の痛い腫れの正しい対処方法に関して
外反母趾の手術に要する入院期間はどれくらい
外反母趾で患部に水がたまる原因と適切な対処法について
仮骨性外反母趾の症状と適切な治療方法に関して
寝るときに外反母趾の患部にサポーターを装着する効果について
外反母趾のズキズキした痛みへの対処方法について
外反母趾が多い年齢層と発症との関係性について
外反母趾と痛風の違いと見分け方を知る