外反母趾の痛み緩和により効果的なし湿布の貼り方

外反母趾の痛み緩和により効果的なし湿布の貼り方

スポンサーリンク

 

外反母趾の痛みの緩和に湿布を用いる際にも、より効果的な貼り方の実践が欠かせません。
身体の他の部位にも二次的な悪影響が及ぶリスクを未然に防ぐ意味でも、正しい処置方法を理解から実践してください。

 

 

【外反母趾の痛みを湿布で和らげる】

 

歩行時や立ち姿勢時に痛みを伴う外反母趾ですが、時に1日を終えた就寝時間を迎えても、痛みが続いてしまうケースも見られます。
就寝時は足で体重を支える必要が無い、.患部を休ませるのに最適な限られた時間です。
このタイミングでより効果的に痛みを緩和出来れば、心身の負担も大きく軽減されます。
ここでおすすめしたいのが湿布を用いる方法で、正しい貼り方で継続する事で、より確実な効果を得るのがポイントです。
ちなみに温湿布と冷湿布がありますが、特にどちらを用いても構いません。
暑い時期で痛みが鋭いのであれば、患部を冷やす事で痛みを緩和、逆に寒い時期であれば患部を温める事が熟睡にも繋がります。

 

スポンサーリンク

 

【貼り方のポイント】

 

貼り方の注意点としては、外反母趾が生じて痛む箇所を的確にカバーすると同時に、就寝中に剥がれてしまわない止め方が挙げられます。
足の親指から足の裏を斜め気味に、踵の部分まで伸ばして止めておけば安定します。
それでも剥がれてしまう場合、靴下を履いて就寝する事をおすすめします。
サポーターなど患部を締め付けてしまうアイテムを用いてしまうと、足全体の休息が叶いません。
また痛みが激しい場合には、湿布を複数枚用い、外反母趾で連日の疲労が蓄積している足の甲から足の裏をグルリと覆い、同時に骨が出っ張り痛む部分もカバーする貼り方で、足全体に効果が届けられます。

 

 

外反母趾の痛みを緩和する効果的な湿布の貼り方は、就寝時に患部だけでなく、足の甲や裏もカバーする貼り方がおすすめです。
剥がれてしまうと効果が半減しますので、靴下を履いて寝るのも一案です。
ポイントは足が体重を支えていない時間帯に、外反母趾の症状をより効果的に緩和する習慣の継続です。

 

スポンサーリンク

関連ページ

外反母趾は病院の何科で受診すべきか
子供の外反母趾に気づいた時には何科の受診が必要か
足の親指に生じる外反母趾のしびれの原因と対処に関して
外反母趾の対処におすすめのサポーターは100均でも調達可能
外反母趾がテーピングで治った事例を検証する
初期の外反母趾はどれくらいの痛みを伴うのか
外反母趾に伴う痛みが生じる場所とその特徴について
男性に生じる外反母趾の原因について
外反母趾とリウマチの違いを正しく理解する
突然生じた外反母趾の激しい痛みへの応急処置に関して
親指と反対側の小指に発症する内反小趾と外反母趾の相違点
外反母趾のひどい痛みに襲われた際の対処方法について
外反母趾の骨の出っ張りが原因の痛みと対処法
外反母趾が影響して生じるふくらはぎのむくみとその原因について
外反母趾が太る原因となるメカニズムに関して
外反母趾で親指の第一関節が曲がっている場合の対処法について
外反母趾を自力で治す方法と自然治癒に関して
外反母趾と水虫の関係性と各々の対処法について
外反母趾の痛み緩和には冷やすもしくは温めるどっちが適切か
外反母趾の痛い腫れの正しい対処方法に関して
外反母趾の手術に要する入院期間はどれくらい
外反母趾で患部に水がたまる原因と適切な対処法について
仮骨性外反母趾の症状と適切な治療方法に関して
寝るときに外反母趾の患部にサポーターを装着する効果について
外反母趾のズキズキした痛みへの対処方法について
外反母趾が多い年齢層と発症との関係性について
外反母趾と痛風の違いと見分け方を知る