外反母趾とリウマチの違いを正しく理解する

外反母趾とリウマチの違いを正しく理解する

スポンサーリンク

 

外反母趾で生じる痛みやしびれの症状は、リウマチのそれらと共通しており、どちらが原因なのかを俄には正しく判断出来ない、誤った初期対応を施してしまうなどの事例が見られます。
双方の相違点を正しく理解の上、早期の適切な対処が求められます。

 

 

【混同しやすい外反母趾とリウマチ】

 

足の親指の不具合を、果たして外反母趾の初期症状なのか、あるいはリウマチなのか、的確に独断を下すのは難しく、その理由として症状に複数の共通点が見られる特徴が挙げられます。
ですが両社の大きな違いとして、発症の原因や、更に諸症状を掘り下げた際に確認出来る、細かい違いなどが見過ごせず、やはり速やかに専門医の診断を受ける姿勢が欠かせません。

 

 

【発症原因の違い】

 

リウマチの原因に関しては、今日まで医学的にまだ正確に解明されていない部分も見られますが、自己免疫不全との関連性が着目されています。
発症される方の先天的な体質プラス、ストレスや外因性の負荷など、さまざまな要因が絡み合って発症すると考えられています。
対して外反母趾は足の親指に無用な負担が掛かり過ぎ、足の指の骨が変形し、神経を刺激して痛みを伴うトラブルです。
但し患部を目視確認する限り、双方が同じように目に映り、痛みを感じる部位も共通するなどの理由から、俄にはどちらを発症しているのかの判断が難しい症例です。

 

スポンサーリンク

 

【違いのポイントは痛みを感じる部位】

 

外反母趾の場合、足の骨の変形が原因で神経を圧迫するため、嗜癖を受けてしまう神経が走っている場所がピンポイントで痛みます。
骨が「く」の字型に曲がってしまっている場所付近や、親指の付け根付近が代表的なポイントです。
対してリウマチは発症した患部全体に腫れや痛みなどの不具合が生じるため、外反母趾と同じ個所以外にも、全身のあらゆる場所で確認されます。
ちなみに発症率が高い部位としては、手足の第二関節から第三関節の間です。

 

 

【正しい見極めと治療方法の違い】

 

外反母趾とリウマチでは、適切な治療方法も当然異なり、その過程や詳細に違いが見られます。
前者の場合は整形外科での初診から、サポーターやテーピングを用いての矯正、また必要に応じて手術や薬物投与も視野に入ります。
対して後者の場合、原因が免疫不全と考えられているため、薬物投与から筋肉運動を通じ、弱体化している発症部位の強化、すなわちリハビリも重要です。

 

 

諸症状が類似しているため、時に混同あるいは見極めを誤ってしまう、外反母趾とリウマチですが。
その発症原因や痛みが生じる部位など、細かい部分の検証を通じての見極めが求められます。
また治療方法に関しても違いが見られ、各々専門医療機関での受診が欠かせません。

 

スポンサーリンク

関連ページ

外反母趾は病院の何科で受診すべきか
子供の外反母趾に気づいた時には何科の受診が必要か
足の親指に生じる外反母趾のしびれの原因と対処に関して
外反母趾の対処におすすめのサポーターは100均でも調達可能
外反母趾がテーピングで治った事例を検証する
初期の外反母趾はどれくらいの痛みを伴うのか
外反母趾に伴う痛みが生じる場所とその特徴について
男性に生じる外反母趾の原因について
突然生じた外反母趾の激しい痛みへの応急処置に関して
親指と反対側の小指に発症する内反小趾と外反母趾の相違点
外反母趾のひどい痛みに襲われた際の対処方法について
外反母趾の骨の出っ張りが原因の痛みと対処法
外反母趾が影響して生じるふくらはぎのむくみとその原因について
外反母趾が太る原因となるメカニズムに関して
外反母趾の痛み緩和により効果的なし湿布の貼り方
外反母趾で親指の第一関節が曲がっている場合の対処法について
外反母趾を自力で治す方法と自然治癒に関して
外反母趾と水虫の関係性と各々の対処法について
外反母趾の痛み緩和には冷やすもしくは温めるどっちが適切か
外反母趾の痛い腫れの正しい対処方法に関して
外反母趾の手術に要する入院期間はどれくらい
外反母趾で患部に水がたまる原因と適切な対処法について
仮骨性外反母趾の症状と適切な治療方法に関して
寝るときに外反母趾の患部にサポーターを装着する効果について
外反母趾のズキズキした痛みへの対処方法について
外反母趾が多い年齢層と発症との関係性について
外反母趾と痛風の違いと見分け方を知る