魚の目の芯の取り方!イボコロリは効果ある?

魚の目の芯の取り方!イボコロリは効果ある?

スポンサーリンク

 

魚の目の芯の取り方について、知りたいという方も多いのではないでしょうか。
ここでは、イボコロリなどを使った取り方について解説します。
イボコロリは魚の目の芯を簡単に除去できることから、「気持ち良い」という意見も多いです。
この機会に、試してみるというのはいかがでしょうか。

 

 

【魚の目の取り方】

 

魚の目の芯は、取り方もさまざまです。
皮膚をカットして、出てきた芯をピンセットで抜くという方法もあれば、病院で液体窒素を使って焼いてしまうという方法もあります。
その他、最近メジャーになってきているのが、イボコロリなどのパッドを貼ることで芯を浮かせて、ピンセットで抜くという方法です。
その方法なら、とても簡単に除去できて、痛みもありません。

 

 

【イボコロリを使った取り方】

 

イボコロリは、まず魚の目の上にパッドを貼り、皮膚を柔らかくしていきます。
通常は1日〜3日ほどで芯が出てくるので、後はその芯をピンセットで抜くだけです。
実際に芯を抜くと綺麗に穴が開くので、皮膚の自然回復を待ちましょう。
イボコロリはとても簡単なので、是非挑戦してみてください。

 

スポンサーリンク

 

【魚の目は病院でも処理できる】

 

イボコロリなどを使わないという場合は、病院での取り方がかなりメジャーです。
取り方というよりは、液体窒素などを使って焼いてしまうというのが正しいかもしれません。
保険が適用できるので、1,000円〜2,000円ほどで簡単に処理することができます。
病院だと確実かもしれませんね。

 

 

【パッドを使わずに抜くこともできる】

 

パッドを使わない場合は、魚の目の芯の周りを削って、出てきた部分を抜き取るという方法もあります。
この方法は痛みを伴うこともあるのですが、自宅で簡単にできるということで、多くの方がやっている方法となります。

 

 

魚の目ができた場合は、色々な方法を使って除去するようにしてみてください。
もちろん、病院が確実ですが、イボコロリも便利ですし、ピンセットで抜いてしまうという方法もあります。

 

スポンサーリンク