魚の目は液体窒素で治療?その費用

魚の目は液体窒素で治療?その費用

スポンサーリンク

 

魚の目の治療にはどのようなものがあるのでしょうか。
また、その費用について気になる方もいると思います。
ここでは、代表的な治療法である液体窒素を使った方法を紹介します。
この方法は皮膚科などの病院で受けることができるので、魚の目がある方は、医師に相談してみてください。

 

 

【魚の目に液体窒素?】

 

魚の目というのは、皮膚が圧迫や摩擦によって硬くなり、そこに芯のようなものができる症状を言います。
病気と言うほど重大なものではないですが、それでも放置したままだと痛みも大きくなります。
そういう場合は、病院に行き、液体窒素で処理してもらう方法があります。
液体窒素での治療はメジャーな方法で、時間も5分〜10分程度で終わるので、非常に楽な方法だと言えるでしょう。

 

 

【冷凍凝固法という処理方法】

 

魚の目は芯を除去すれば、自然と治っていくものです。
液体窒素を使う場合は、冷凍凝固法を使うことも多いです。
これは、魚の目を冷凍させる状態にして、そのまま除去してしまおうという方法です。
液体窒素を含めた綿棒などを使って、それを患部に使うことで処理できる方法となっています。
まずは皮膚科に相談してみましょう。

 

スポンサーリンク

 

【液体窒素での治療の費用】

 

費用に関して気になる方も多いですよね。
実際に治療の費用に関しては、1,000円〜2,000円ほどとなっています。
費用が高そうですが、保険も適用できるのでとても安く処理してもらうことができます。
費用で悩むということはないと思うので、気軽に皮膚科の病院に相談してみてください。

 

 

【治療の費用を安くする方法】

 

もともとでも治療費用は安いですが、さらに費用を安くしたいという場合は、病院ではなく自宅で処理するという方法もあります。
最近では専用のパッドなども販売されていて、簡単に処理することができるのです。
それはかなり魅力的だと言えるでしょう。

 

 

魚の目ができた場合は、自分で処理するのも良いですし、病院で治療するのも良いです。
料金もそこまで高くはないので、気軽に相談してみてください。

 

スポンサーリンク