魚の目 治療 値段 金額

魚の目の治療にかかる値段はどのくらい!?

スポンサーリンク

足裏や足指にできる「魚の目」は厄介な病気の一つであり、幅広い年齢層の間で発症するため気をつけていかなければいけなり、症状が酷くなると激しい痛みで歩けなくなる場合もあります。
「魚の目」ができる主な原因は、サイズの合わない靴を履きながら歩き方に癖があったり姿勢が悪く足に負担をかけている場合や血行不良・新陳代謝が悪い時とかにこの病気は発症しやすくなっています。

 

「魚の目」の特徴については角質層が皮膚の内部に向かって肥厚していくため硬い芯ができてしまい、足裏や足指に症状が出てくる形となっています。
そのため、歩いたり動いたりするだけで「魚の目」の部分が刺激されてしまい、激しい痛みが出てくる場合もあります。

 

この病気は病院でしっかりと診療を受ける事が良いとされていて、診察や治療を受けるなら何科を受診すれば良いのかというと、皮膚科・形成外科・整形外科が良いとされています。
ここには専門知識と高度な医療技術を持つ専門医が常駐しているからであります。

スポンサーリンク

病院ではどういった治療が行われるのかというと、特殊なシールを貼って角質層をふやけた状態にさせて「魚の目」の部分を削り取るという方法や塗り薬を使い時間をかけて治していく治療方法もあります。
また、特殊な医療機器を置いている病院では魚の目の芯の部分だけを除去できるマシンで対応してくれたりします。

 

治療にかかる値段は保険適用での場合は1500円前後であり、レーザー治療等の保険適用外の治療を受ける場合は値段がかなりあがり15000円から45000円ぐらいの相場となっています。
症状が重い場合については手術を受ける事になり、日帰りで手術を受けられるためかかる時間は短時間となっています。
手術にかかる値段は6500円前後となっているため比較的に安い値段となっています。

 

ちなみに「魚の目」には硬性・軟性・粒状タイプがあって、タイプによって少し症状が異なっています。
各タイプの症状に関してはインターネットを使って検索すると専門的な情報を提供しているWebサイトやブログが複数出てくるため、そこで情報収集を行う事が可能となっていて知識を覚えたりする事もできます。

スポンサーリンク