魚の目 取れかけ 対処

魚の目の原因と取れかけたときの対処法

スポンサーリンク

魚の目とは足の裏にできるものです。
これがあると出血したりするため、歩けなくなることもあります。
これは名前にあるように、魚の目に似ていることからそう名付けられたものですが、魚とは関係ありません。

 

角質化した部分の真ん中に芯となるものができ、それが皮膚の奥深くに入り込むことによってできるのです。
痛みが激しいのは、それが神経を刺激するためです。
これができやすい場所としては、足の指の間、上側やかかとなどです。

 

いずれも靴による圧迫を受けやすい部分だと言えます。
そのため、魚の目になるのを防ぐためには、自分に合ったサイズの靴を履くこととなります。
この対処法は一見すると簡単そうですが、靴を購入するときに、デザインを重視する人だと案外気が向かないとされています。

 

足が痛むと日常生活にも支障が出てきます。
そこを忘れるといろいろと面倒が起きるため、健康的な生活を送るためには、まず足許のことを意識するようにしましょう。

スポンサーリンク

では、魚の目が取れかけたときはどうすればよいのかと言いますと、皮膚科の病院へ行くのが、一番安全な対処法となります。
これならば芯から綺麗に取り除くことができるためです。
どんな物事もそうなのですが、中途半端に手をつけるのが一番駄目なのです。

 

後で再発させないためにも、そこに気を向けるようにしましょう。
なお、手術による除去をしても、数ヶ月後には皮膚は再生します。
取れかけのものを手でむしり、そのせいで傷口が化膿するのが嫌ならば、そちらを選びましょう。

 

取れかけの魚の目をじぶんで処理したいのであれば、お風呂場に行くようにしましょう。
入浴の最中であれば、皮膚が柔らかくなっているため、除去が容易になっています。
しかし、素人が手でやっても簡単にはいかないので、薬局などから必要とされる道具を購入しておきましょう。

 

この対処法を採用するときは、一度で芯から取り除くのは難しくなるため、根気が必要になります。
無理はしないようにしましょう。

スポンサーリンク