魚の目 芯 除去後 痛み

魚の目の芯を除去後に痛みがある場合の対処方法

スポンサーリンク

魚の目を治す場合には芯の部分をしっかりと除去しなければ治りません。
魚の目の除去後は痛みがでることもありますが、しっかりと芯まで除去することができていれば、痛みも治まるようになってきます。
それまではしっかりと消毒をして除去した部分を保護するようにすることが大切です。

 

いつまで経っても痛みが治まらないという場合にはしっかりと魚の目の芯を除去できていない可能性があります。
除去後にまたその部分が硬くなってしまうようであれば、除去ができていないことになります。
魚の目の芯というのは意外と深い部分まで達している場合が多いので、取り残さないように注意して除去することが大切です。

 

自分で何度か試してみてもうまくいかないという場合は病院に行くことをお勧めします。
また除去後にいつまで経っても痛みが治まらないという場合などには、菌などが入ってしまった可能性などもありますので、心配であれば一度病院で診てもらうことをお勧めします。

スポンサーリンク

何度も再発してしまうことによって、その部分の皮膚がより硬くなってしまう場合などもありますので、自分で除去して治そうと思うのであれば、魚の目の芯の部分まで取り残すことなくしっかりと除去できたことを確認することが大切です。
芯を除去した跡には穴が空いてしまっているような状態になります。
そのままの状態で直接様々なものに触れると痛みなどがでますので、消毒をした上で直接その部分が触れないように絆創膏やガーゼなどで保護をして、毎日その保護材を変えて清潔にしておくことが大切です。

 

そのうち穴が空いてしまっていた部分が塞がるようになりますので、それまでは菌などが入らないように注意しておくことが重要です。
魚の目は対処しないでいると痛みを生じるようになりますので、できてしまった際には早めに対処するようにすることが大切です。
また魚の目の対処をする際には手や患部、除去する為に使用する器具などをしっかりと除菌した上で行うようにすることが必要です。

スポンサーリンク