魚の目 液体窒素 痛い 治療

魚の目の治療を行う時に使用する液体窒素は痛い!?

スポンサーリンク

足裏や足指にできる「魚の目」はできてしまうとかなり厄介であるため、日頃から気をつけていかなければいけないです。
「魚の目」ができる原因についてはフィットしない靴を履いて動いていたり、姿勢が悪かったりして足に負担をかけていると「魚の目」ができやすくなります。
他にも血行不良だったり新陳代謝が悪い場合とかにも「魚の目」ができるため注意する必要があります。

 

別の病気が原因で「魚の目」ができる場合もあるため、警戒していかなければいけなくなります。
症状の現れ方に関しては直径5mmから7mm程のしこりが足裏や足指にでき始め、皮膚の一点が圧迫や摩擦によって刺激されてしまうため皮膚表面の角質層が厚く硬くなりはじめ、中心部に芯のようなものができてしまいます。

 

そのため、足を動かした時や足に刺激を与えた時に痛いという感覚を覚えるのはできてしまっている芯が原因となっています。
「魚の目」は症状が酷くなると歩くだけでも痛いため私生活に支障をきたす事もあるため、足裏や足指に違和感を感じたらすぐに病院に行く事をおすすめします。

スポンサーリンク

ちなみにこの病気の治療を受ける際は病院の何科を頼りにしていけば良いのかというと、専門医が常駐している皮膚科が無難であります。
近くに皮膚科がある病院がない場合については整形外科や形成外科がある所を受診すれば医師が対応してくれるため治療を受ける事ができます。
診察方法については問診や視診・ダーモスコピーを使って診察したり患部の表面を削りその部分の状態を確認したりします。

 

治療に関してはカミソリ等で芯を削り取る処置やスピール膏を使い対応する治療方法が良く使われていますが、病院によっては液体窒素を使って芯を除去する治療を提供してくれる所もあります。
液体窒素を使った治療方法については効果はかなりありますが、患部に対して直接液体窒素をかけるため痛いです。
同様にスピール膏を使ったりカミソリ等を使って芯を削り取る方法も痛い時があるため我慢する必要もあります。

 

液体窒素を使った治療方法についての詳細はインターネットを活用すると専門的に紹介しているWebサイトやブログあるため情報収集を行えます。
「魚の目」をつくらないためにも日頃からフィットする靴を履きつつ、歩き方や姿勢に気をつけていく事が大事となっていて、血行不良は新陳代謝が悪くならないように規則正しい生活習慣を送りながらケアしていく事が重要となります。

スポンサーリンク