魚の目 芯 構造

魚の目が痛いのは芯の先端が神経を圧迫する構造になっているため

スポンサーリンク

魚の目は色々な呼び方があり、コーンと呼ばれることもあります。
コーンとは工事現場や交通規制の時に置かれる円錐状の物体のことで、魚の目の芯の構造がコーンと同じように円錐状の形をしていることからこう呼ばれています。
芯は皮膚の奥にいくほど細くなっており、先端が神経にまで達すると歩くたびに痛みを生じます。

 

良性の腫瘍なので出来てもすぐに治療する必要はありませんが、痛みが出てくると生活に支障をきたすこともあります。
魚の目の芯は皮膚の奥深くにまで進入する構造になっているため、表面を削っても痛みを取ることもできません。
サリチル酸を使用して角質層を柔らかくすると、自然にはがれていきます。

 

取れた跡は穴が開いていますが、時間経過と共に穴がなくなってきれいな皮膚を取り戻すことができます。
サリチル酸の他に液体窒素を使って芯を取る方法や、レーザーを使って芯を焼き切って治療する方法もあります。
またひどい魚の目の場合にはメスを使って切除する必要がある場合もあります。

スポンサーリンク

魚の目と間違えやすいのがタコですが、タコの構造を見てみると表面の角質層だけが厚くなっていて芯がありません。
その為神経を圧迫することがないので、痛みもありません。
魚の目は歩き方が悪かったり、足に合わない靴を履くと角質層が刺激を受けて厚くなり出来るようになります。

 

治療をしても歩き方の癖を改めないと再び出来てしまうので、出来ないようにするには歩き方を変えなくてはいけません。
また大きすぎる靴を履いたり、小さな靴を履き続けているとできやすいので、靴が合っているかどうか調べてみる必要があります。
子供にすぐに足に合わなくなるからと足のサイズよりも大きな靴を買い与える親も多いのですが、魚の目が出来る原因となるのでサイズにあった靴を履くようにした方が良いでしょう。

 

また血行が悪い人もできやすいので、足湯をしたりマッサージをして足の血行を良くすることが大切です。
女性で悩んでいる人が多いのは、ハイヒールなど足を圧迫する靴を履いている人や血行が悪い人が多い為です。

スポンサーリンク