魚の目 手術 何科

魚の目の手術を受けるなら何科に行けば良い!?

スポンサーリンク

足の病気でやっかいなのが「魚の目」であり、これは幅広い年齢層の間で発症する病気であるため気をつけていかなければいけなくなります。
「魚の目」ができる仕組みに関しては角質層が関係していて、サイズの合わない靴や歩き方に癖があったりすると圧迫や摩擦によって角質層が皮膚の内部に向かって肥厚し硬い芯ができてしまいそれが真皮層に到達する事により、この病気を引き起こします。

 

ちなみに「魚の目」は3つの種類があり存在していて、硬化タイプ・軟性タイプ・粒状タイプの症状があり各タイプによって少し症状が異なります。
詳しい詳細についてはインターネットを使って検索すれば専門的に紹介しているWebサイトが複数あるので、そちらを閲覧する事をおすすめします。

 

「魚の目」の診察や治療を受けたいのであれば病院の何科を受診すれば良いのかというと、専門医が常駐している皮膚科・整形外科・形成外科が良いとされていて初診の場合は皮膚科に行くのが良いとされています。
もし心配であれば受付のスタッフに事情を説明して、何科に行ったら良いのかを聞いて見るのも一つの手かもしれません。

スポンサーリンク

「魚の目」の手術を受けたい場合については何科が一番良いのかというと、皮膚科また整形外科が良いでしょう。
手術するための医療機器も多く完備していたり設備も充実しているため、専門的かつ高度な診療を提供できるようになっています。

 

主にどういった手術が行われるのかというと、メスや液体窒素を使って「魚の目」の部分を切除したり局部麻酔を行いレーザーで焼き切るという方法もあり、芯の部分を完全に除去する事が可能となっています。
手術にかかる時間は短時間であるため日帰りで手術を受けられるようになっていて、かかる費用も安く終わることも多いです。

 

手術後は激しい痛みが伴う可能性が高いため、外服薬や内服薬が処方されそれを服用しながら短期間の通院が必要となります。
「魚の目」の病気を起こさないためには、サイズの合う靴を選び正しい歩き方をしていく事が大切となっていて、足裏や足指に吹き出物ができて違和感を感じたり痛みを覚えはじめたらすぐに病院に行く事が大切です。

スポンサーリンク