魚の目 スピール膏 痛い

魚の目が痛い時はスピール膏を使った治療がオススメ!

スポンサーリンク

厄介な魚の目は早めに対応する事が大切となっていて、できれば病院に行ってしっかりとした診療を受ける事が大事となっています。
「魚の目」の診療を受ける際は何科を受診した良いのかというと、皮膚科・形成外科・整形外科を受診する事が良いとされていて、ここには専門医も常駐しているため専門的な診察と高度な治療を受ける事ができます。

 

治療方法はどういったものがあるのかというと、スピール膏と呼ばれている特殊なシールを使って角質層の部分をふやけさせ白く柔らかい状態にさせた状態で「魚の目」の部分を削り取る事ができます。
スピール膏を使った治療を受ける際は痛い部分に対して治療を行うため、治療後も痛い症状が残るため塗り薬や痛み止めを服用していく事になります。

 

スピール膏についての詳細はインターネットを使って検索すると細かな情報を掲載しているWebサイトがあるため、情報収集を行えます。
ちなみに根が深い場合に関してはレーザーを使って除去したり、サージトロンと呼ばれる特殊な機器とナイフを使い除去する方法もあります。
場合によっては手術を受ける事も可能であり、短時間で治療は終わるため入院する必要もなく日帰りで手術を受けられる環境となっています。

スポンサーリンク

ちなみに、スピール膏は市販でも発売されているため薬局やドラッグストア等で購入する事も可能となっています。
市販のスピール膏を購入する際は常駐している薬剤師や医師に相談を行いアドバイスをもらってから購入するようにしてください。
市販のスピール膏を使用する際はしっかりと説明書を呼んでから、「魚の目」の除去をするようにしましょう。

 

平均3〜4日貼っておくと「魚の目」の痛い部分が自然に取れてしまうようになっています。
また、根が深い時は1週間程貼って除去できたりしますが、効果が無い場合は病院に行って診療を受ける事をすすめます。
「魚の目」が起きてしまう原因に関しては複数の理由があり、靴のサイズが合ってなかったりする時や歩き方や姿勢が悪く足に負担がかかっている時に魚の目ができたりします。

 

他にも血行不良や新陳代謝が悪い際にもこの病気は発症しやすくなっています。
予防していくにはピッタリ合う靴を見つけてそれを履きながら正しい歩き方を行い姿勢にも気をつけ、規則正しい生活習慣を送っていく事です。

スポンサーリンク