魚の目 取り方 ピンセット

魚の目のピンセットを使った取り方

スポンサーリンク

足の裏にできてしまう魚の目はとても厄介なものです。
中心に固い芯があることによって歩くたびに痛みを感じてしまうこともあります。
魚の目を取りたいけれど皮膚科に行く時間がなかったり、自分で取りたいと思っている人も多くいます。

 

魚の目の芯は小さかったとしても固いので自分でやるとしても一回では取り除くことはできません。
皮膚をカッターやナイフを使いながら削っていくことになりますが、一番やりやすいタイミングとしてはお風呂上りが最適です。
足の裏がふやけていて柔らかくなっていて皮膚を削りやすくなっています。

 

具体的な取り方としては、ピンセットで魚の目の芯を掴んで強めに引っ張って取ってしまいます。
痛みを感じるときには加減しながらやることによって少しずつ剥がれてきます。
ピンセットで掴みながらカッターで削ってそれを繰り返していきます。

 

痛む場合は無理をしないでその日は終わりにするようにしましょう。
これを一ヶ月ほど続けると芯が表に出てきて掴みやすくなってきます。

スポンサーリンク

自分でピンセットで取ってしまうという取り方はあまり良い方法ではありません。
この取り方をすることによって逆に悪化させてしまうこともあります。
魚の目を取る代表的な薬剤はスピール膏です。

 

スピール膏には角質を溶解してくれる作用のあるサリチル酸が使われています。
厚くなってしまった皮膚を柔らかくしてくれて魚の目を取り除きやすくしてくれます。
スピール膏を貼って二日ほどすると皮膚が白くなってきて剥がれてきます。
小さい場合であれば、ポロッと取れる場合もあります。

 

自然に取れない場合にはピンセットを使って取り除いてしまいます。
角質が厚くて固いという場合には、魚の目削りを使うのが最適です。
これは、スライスするように角質を削りとる器具になっています。

 

分厚く盛り上がってしまっている部分を削り取ってスピール膏を使うと効果的です。
その他にもやすりで角質を削るタイプの器具もあります。
刀で角質をスライスするのが怖いという場合には、こちらの道具が最適です。
※ただし自分で行う場合には消毒もできない場合が多いですので自己責任にて行ってください。

スポンサーリンク