魚の目 芯 イソギンチャク

魚の目の芯はイソギンチャクに似ている!その対処方法ちとは!?

スポンサーリンク

魚の目と言えば、名前にあるように魚の眼球を思わせる外見をしています。
しかし、その見た目をイソギンチャクのようだと表現する人もいます。
では、魚の目とは一体何なのかと言いますと、角質の一部が固くなり、それが真皮にまで達したものです。
医学的には鶏眼と呼ばれています。

 

これができてしまう原因としては、サイズの合わない靴を履き続ける、というのがあります。
小さめの靴を着用し続けていると、一部が強く摩擦されたり、圧迫されたりするので、そこの皮膚が硬くなってしまうのです。
これは大きめの靴を履いていても、同じことが起こります。
そのため、靴を購入するときは、デザインではなくサイズに注目するようにしましょう。

 

どうしてそれが強い痛みを感じさせるのかと言えば、芯になった部分が歩く度に神経を刺激するからです。
これは足の裏に針が突き刺さっているのと同様の効果を生みます。
足の裏にイソギンチャクを思わせるものができて痛むというのなら、魚の目を疑うようにしましょう。

スポンサーリンク

魚の目の芯は黒い点のように見えるのが特徴です。
イソギンチャク状になっている表面を取り除くのは、素人でも可能なのですが、この芯になっている部分はどうにもならないことが多いとされています。
なぜなら、芯は先に説明したように、足に深く食い込んでいるからです。
これをナイフなどで無理にえぐり出そうとしても、周りの皮膚を傷つけるだけになってしまうのです。
そのため、どうにかしたければ、皮膚科の医師に相談し、手術を受けることが一番です。

 

手術と言えば大げさな響きがありますが、数ヶ月もあれば除去した皮膚は再生するため、大事になることはありません。
病院へ行かず、自力で治すことを希望するのであれば、薬局で専門の器具を購入するようにしましょう。

 

入浴中に足を揉むのも大切です。
お湯につけると皮膚は柔らかくなるので、そのときに魚の目を取り除くという手段もあります。
いずれにしても、魚の目は早いうちに取り除かないと、歩くときに変な癖がつく恐れがあります。
それを意識しておきましょう。

スポンサーリンク