外反母趾が多い年齢層と発症との関係性について

外反母趾が多い年齢層と発症との関係性について

スポンサーリンク

 

外反母趾の発症例の比率が高い年齢層と、その原因との関係性を理解していれば、自身がその年齢に近づいた際など、未然にリスクを回避する生活スタイルの実践が叶います。

 

 

【発症例が多い女性の年齢層と関係性について】

 

外反母趾とは足の親指の骨がくの字型に変形して外側に飛び出し、反対に指先が内側に向いてしまい、足の形全体が歪んでしまうトラブルです。
発症率は男性と比較して女性の方が圧倒的に高く、ハイヒールなどデザイン優先のスリムな靴との関係性が見過ごせません。
これらを長期間履き続ける生活習慣を通じ、足の親指の付け根に負担が一点集中から蓄積してしまい、結果外反母趾を発症してしまうメカニズムです。
また年齢層と外反母趾との関係については、40歳を過ぎて発症率が高まりをみせ、60代の女性を含めると、約4人に1人以上が深刻な外反母趾、もしくは初期症状に悩まされているとの調査データが存在しています。
靴と生活習慣との関係性に加え、年齢を重ねると共に骨や脚の筋肉も弱体化が進むため、それだけ発症率が右肩上がりで高まりを見せています。

 

 

【弱年齢層との関係性について】

 

外反母趾は中高年の女性だけの足のトラブルではありません。
比較的若い世代の女性にも発症例が数多く観られています。
原因としてはやはり、デザイン優先の靴の使用や、正しい歩き方との関係性も見過ごせません。
歩行時の誤った足の運び方が結果、足の指の付け根付近に無用な負担をかけ続けてしまい、発症のリスクを高めてしまうケースが多いのも、若年層に見られる特徴です。

 

スポンサーリンク

 

【発症例が多い男性の年齢層について】

 

圧倒的に女性に多い足のトラブルですが、男性の発症例も数多く確認されており、やはり日常的に革靴を履く年齢層が高い発症率を見せています。
ちなみに男性に多い原因として注目すべきポイントとして、誤った歩き方が習慣化しての発症が見過ごせません靴底全体を一気に地面に設置から足の裏もしくは指の付け根で跳ね上がる、いわゆるペタペタ歩きの男性が多い傾向が見られ、これが外反母趾発症と密接に関係しているのです。

 

 

【靴敷きなどで対策を】

 

革靴を常用から誤った歩き方が習慣となっている30代以上のビジネスマンに多く見られる外反母趾対策としては、歩き方自体を見直し注意すると同時に、靴敷きを用い、靴の中で足の形状を正しく保つ対策が見過ごせません。
発症の兆候が出始めると、足の裏のアーチが崩れ始め、これが関係して症状を加速させるリスクが高まります。
靴の内部で足の形状がより適正に保たれる環境を整えてください。

 

 

外反母趾の発症例が多い年齢層は、女性は40〜60代、男性は30代以上に見られ、男女比では女性の比率が高くなっています。
ちなみに女性が発症する原因としてはハイヒールなど靴の形状と足の形との不合致が、男性に多い理由としては誤った歩き方の習慣が、それぞれ挙げられます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

外反母趾は病院の何科で受診すべきか
子供の外反母趾に気づいた時には何科の受診が必要か
足の親指に生じる外反母趾のしびれの原因と対処に関して
外反母趾の対処におすすめのサポーターは100均でも調達可能
外反母趾がテーピングで治った事例を検証する
初期の外反母趾はどれくらいの痛みを伴うのか
外反母趾に伴う痛みが生じる場所とその特徴について
男性に生じる外反母趾の原因について
外反母趾とリウマチの違いを正しく理解する
突然生じた外反母趾の激しい痛みへの応急処置に関して
親指と反対側の小指に発症する内反小趾と外反母趾の相違点
外反母趾のひどい痛みに襲われた際の対処方法について
外反母趾の骨の出っ張りが原因の痛みと対処法
外反母趾が影響して生じるふくらはぎのむくみとその原因について
外反母趾が太る原因となるメカニズムに関して
外反母趾の痛み緩和により効果的なし湿布の貼り方
外反母趾で親指の第一関節が曲がっている場合の対処法について
外反母趾を自力で治す方法と自然治癒に関して
外反母趾と水虫の関係性と各々の対処法について
外反母趾の痛み緩和には冷やすもしくは温めるどっちが適切か
外反母趾の痛い腫れの正しい対処方法に関して
外反母趾の手術に要する入院期間はどれくらい
外反母趾で患部に水がたまる原因と適切な対処法について
仮骨性外反母趾の症状と適切な治療方法に関して
寝るときに外反母趾の患部にサポーターを装着する効果について
外反母趾のズキズキした痛みへの対処方法について
外反母趾と痛風の違いと見分け方を知る