外反母趾のズキズキした痛みへの対処方法について

外反母趾のズキズキした痛みへの対処方法について

スポンサーリンク

 

外反母趾の症状として見過ごせぬズキズキした痛みは、時と場所を選ばず襲い掛かり、更には継続する特徴が見過ごせません。
こうした症状に見舞われた際の対処方法を正しく理解しておく姿勢が大切です。

 

 

【日常生活にも支障を来す外反母趾の痛み】

 

外反母趾の症状が進行すると、当初は一定時間以上の歩行時だけに生じていた痛みが、次第に継続するようになり、その度合いも強まってしまう展開が避けられません。
靴を脱いで足をや休ませている状態でもズキズキ感が止まらないとなれば、日常生活そのものへの支障が避けられず、正しい対処方法に基づくケアが欠かせません。

 

 

【外部からの刺激を防ぐ】

 

外反母趾の患部が痛むメカニズムは、曲がった足の親指の骨が周辺の神経に触れて圧迫する事で生じます。
靴を履いての歩行時、体重が繰り返し掛かり続ける足の付け根付近は、常に靴の内側に繰り返し圧しつけられ、この刺激がダイレクトに患部に届いてしまえば、自ずと痛みを増幅させてしまいます。
曲がった親指を正しい状態に矯正から固定するテーピングやサポーターの装着が、歩行時に必須の対処方法です。

 

スポンサーリンク

 

【足を休ませている際の対処方法】

 

外反母趾の足は健康時と比較して、常に余分な力が入った状態が続いているため、1日の疲労度もより大きく、マッサージや適度な運動が欠かせません。
無意識に患部を庇う結果、足の裏や甲の筋肉は疲弊しがちですので、血行を良くし筋肉をほぐす事で、患部のズキズキした痛みを間接的に緩和する対処方法がおすすめです。
また足の親指を無理のない範囲で動かす運動も大切です。
足の五指をグーとパーを繰り返して動かす事で、曲がった患部の柔軟性を取り戻す習慣も、痛みの緩和に繋がります。

 

 

【就寝時のズキズキには湿布を】

 

就寝時にも外反母趾の患部付近がズキズキ感が続くようであれば、湿布を貼っての睡眠が効果的です。
湿布薬は市販の商品で大丈夫ですので、患部を覆い、そこから就寝中に剥がれないように、かかとの方向に伸ばして止めてください。
柔らかい靴下を履けば剥がれ防止効果が得られます。
また足全体を休めるべく、基本就寝中はサポーターは外しておきましょう。

 

 

外反母趾のズキズキする痛みの対処方法としては、サポーターやテーピングでの患部の保護と矯正、休足時のマッサージや指の運動、更に就寝時もズキズキ痛むようであれば湿布と、適材適所の対処方法の実践が求められます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

外反母趾は病院の何科で受診すべきか
子供の外反母趾に気づいた時には何科の受診が必要か
足の親指に生じる外反母趾のしびれの原因と対処に関して
外反母趾の対処におすすめのサポーターは100均でも調達可能
外反母趾がテーピングで治った事例を検証する
初期の外反母趾はどれくらいの痛みを伴うのか
外反母趾に伴う痛みが生じる場所とその特徴について
男性に生じる外反母趾の原因について
外反母趾とリウマチの違いを正しく理解する
突然生じた外反母趾の激しい痛みへの応急処置に関して
親指と反対側の小指に発症する内反小趾と外反母趾の相違点
外反母趾のひどい痛みに襲われた際の対処方法について
外反母趾の骨の出っ張りが原因の痛みと対処法
外反母趾が影響して生じるふくらはぎのむくみとその原因について
外反母趾が太る原因となるメカニズムに関して
外反母趾の痛み緩和により効果的なし湿布の貼り方
外反母趾で親指の第一関節が曲がっている場合の対処法について
外反母趾を自力で治す方法と自然治癒に関して
外反母趾と水虫の関係性と各々の対処法について
外反母趾の痛み緩和には冷やすもしくは温めるどっちが適切か
外反母趾の痛い腫れの正しい対処方法に関して
外反母趾の手術に要する入院期間はどれくらい
外反母趾で患部に水がたまる原因と適切な対処法について
仮骨性外反母趾の症状と適切な治療方法に関して
寝るときに外反母趾の患部にサポーターを装着する効果について
外反母趾が多い年齢層と発症との関係性について
外反母趾と痛風の違いと見分け方を知る