寝るときに外反母趾の患部にサポーターを装着する効果について

寝るときに外反母趾の患部にサポーターを装着する効果について

スポンサーリンク

 

外反母趾の効果的な症状改善に際しては、サポーターの適切な活用が欠かせませんが、果たして寝るときにも装着すべきなのか、その効果の裏に潜むデメリットはどうなのかなど、正しく見据えておくべきポイントの検証作業が大切です。

 

 

寝るときは大切な足の休息タイム】

 

二足歩行の私達の両足は、日々全体重を支え続ける激務を担い続ける身体の部位であり、外反母趾もまた、そうした負担が原因で発症するトラブルの1つに他なりません。
足の親指の第一関節がくの字型に曲がる外反母趾のl治療には正しい装着が大切で、痛みを緩和しながら指を正しい位置に矯正する役割を担います。
ですが幹部とその周辺を固定するサポーターの装着は、足の血行や筋肉の柔軟な動きに制限を来す側面が見過ごせません。
就寝中という全身を休める時間は、足にとっても大切な休息タイムであり、装着で得られる矯正効果と、足を休める重要性のどちらを優先すべきなのか、判断に窮する方々も少なくありません。

 

 

【寝る時は基本外すべき理由】

 

外反母趾矯正用のサポーターは、基本寝るときには外しておく事をおすすめします。
身体を横たえている間は、患部や脚の裏や甲には殆ど負担がかかっておらず、動かす事もありません。
足全体をよりリラックスさせる事も、矯正という「急」に対する「緩」の処置に他なりません。

 

スポンサーリンク

 

【寝る時にも装着できる商品】

 

昼夜を問わずサポーターを装着し続ければ、理論上はそれだけ外反母趾の矯正効果が期待出来ますが、一方で患部付近が密閉されてしまい、蒸れから水虫など、皮膚上の別のトラブルを発症するリスクが高まり兼ねません。
また足全体の可動域を制限した状態は、血行にも何らかの影響が否めず、結果足への負担が増してしまうリスクも無視出来ません。
ですがこうしたクリアすべきポイントを計算した、寝るときも装着したままで大丈夫なサポーターも市販されており、患部の矯正を優先すべき方々に重宝されています。

 

 

【寝る時も装着すべきなのは】

 

外反母趾矯正用のサポーターを、敢えて寝るときも装着しておくべきな状況もゼロではありません。
まずは手術直後、もしくは極端な痛みや不具合が続いている場合です。
何より患部のj保護からの治癒を優先する意味でも、サポーターの働きが見過ごせません。
また冬季の就寝時など、保温効果を目的に用いるのも一案です。

 

 

寝るときに外反母趾矯正用のサポーターを用いるか否かに関しては、基本寝るときは外した方がベターだと覚えておきましょう。
足全体を休め十分な血行促進効果を得る上で、サポーターが逆効果を届ける可能性が否めません。
ただし手術直後など外反母趾の患部の保護を優先すべき際には、必ずしもその限りではありません。

 

スポンサーリンク

関連ページ

外反母趾は病院の何科で受診すべきか
子供の外反母趾に気づいた時には何科の受診が必要か
足の親指に生じる外反母趾のしびれの原因と対処に関して
外反母趾の対処におすすめのサポーターは100均でも調達可能
外反母趾がテーピングで治った事例を検証する
初期の外反母趾はどれくらいの痛みを伴うのか
外反母趾に伴う痛みが生じる場所とその特徴について
男性に生じる外反母趾の原因について
外反母趾とリウマチの違いを正しく理解する
突然生じた外反母趾の激しい痛みへの応急処置に関して
親指と反対側の小指に発症する内反小趾と外反母趾の相違点
外反母趾のひどい痛みに襲われた際の対処方法について
外反母趾の骨の出っ張りが原因の痛みと対処法
外反母趾が影響して生じるふくらはぎのむくみとその原因について
外反母趾が太る原因となるメカニズムに関して
外反母趾の痛み緩和により効果的なし湿布の貼り方
外反母趾で親指の第一関節が曲がっている場合の対処法について
外反母趾を自力で治す方法と自然治癒に関して
外反母趾と水虫の関係性と各々の対処法について
外反母趾の痛み緩和には冷やすもしくは温めるどっちが適切か
外反母趾の痛い腫れの正しい対処方法に関して
外反母趾の手術に要する入院期間はどれくらい
外反母趾で患部に水がたまる原因と適切な対処法について
仮骨性外反母趾の症状と適切な治療方法に関して
外反母趾のズキズキした痛みへの対処方法について
外反母趾が多い年齢層と発症との関係性について
外反母趾と痛風の違いと見分け方を知る