仮骨性外反母趾の症状と適切な治療方法に関して

仮骨性外反母趾の症状と適切な治療方法に関して

スポンサーリンク

 

仮骨性外反母という耳慣れぬ身体のトラブルは、外反母趾と共通する諸症状が見られ、歩行や日常生活に悪影響が避けられません。
その症状の特徴と正しい治療方法を理解から、速やかに実践する姿勢が欠かせません。

 

 

【仮骨性外反母趾とは】

 

仮骨性の3文字からの推察される通り、この外反母趾は親指の付け根付近の骨が、何らかの原因で異常に大きくなる事で、親指が適正な向きを保てなくなる外反母趾です。
実際には第一関節がくの字型に変形していないにも関わらず、根本付近が腫れ上がったようになり、結果指の先端が人差し指側に向いてしまうのが特徴です。
また付け根の骨が大きくなり過ぎてしまい、親指を足の上に向けて押し上げてしまう症状も見られ、こちらも仮骨性外反母趾に属する足のトラブルです。

 

 

【仮骨性外反母趾の症状に伴う痛みについて】

 

仮骨性外反母趾もまた、その典型的な症状として、歩行時に痛みが見られます。
症状の悪化に伴い、痛みが増してしまうケースが見られる一方、一定期間が経過する中、次第に痛みを感じなくなってしまう、いわゆる麻痺した状態となるケースも見られますが、当然これでは自然治癒したとは言えません。

 

スポンサーリンク

 

【仮骨性外反母趾の原因と治療方法について】

 

仮骨性外反母趾の原因として見過ごせないのが、誤った歩き方です。
通常の全身歩行の場合、まずは踵を着地から体重を指先へと移行し、そのまま指で後ろに蹴る流れで進みます。
ですが外反母趾を発症する方々の多くは、足の指の付け根を用いて歩く、もしくは足の裏全体を一気に接地から跳ね上げる、いわゆるペタペタ歩きが多く見られます。
こうした歩行習慣が足の指の付け根に無用な負担を蓄積させ、身体が自然に防御しようとする結果、付け根部分の骨が肥大してしまうのです。
治療方法としては、サポーターやテーピングなどで患部を保護し、無用な負担を届けない対処が必須です。
また在宅時などで行える自力の治療方法としては、患部付近を柔らかくするマッサージ、痛みの軽減には湿布を貼って就寝するなど、一般的な外反母趾に準じた対処が挙げられます。

 

 

【仮骨製外反母趾を防ぐ方法として】

 

仮骨性外反母趾を防ぐには、正しい歩き方を身につける、クセのある歩き方を改める姿勢が大切です。
意識的にかかとで着地から指先で地面を蹴って進む、人体の構造に最もマッチした自然な歩行を通じ、既に発症中の症状の緩和、すなわち自然治癒という治療方法の実践に繋げられます。

 

 

仮骨製外反母趾発症の原因は、クセのある誤った歩き方が見過ごせません。
無用な負担が集中した足の指の付け根を保護すべく、骨が肥大してしまうのがこの症例です。
治療方法としてはサポーターやテーピングの使用と、何より正しい歩き方を身につける事で、自然治癒に繋がる自力治療効果を得る対処が求められます。

 

スポンサーリンク

関連ページ

外反母趾は病院の何科で受診すべきか
子供の外反母趾に気づいた時には何科の受診が必要か
足の親指に生じる外反母趾のしびれの原因と対処に関して
外反母趾の対処におすすめのサポーターは100均でも調達可能
外反母趾がテーピングで治った事例を検証する
初期の外反母趾はどれくらいの痛みを伴うのか
外反母趾に伴う痛みが生じる場所とその特徴について
男性に生じる外反母趾の原因について
外反母趾とリウマチの違いを正しく理解する
突然生じた外反母趾の激しい痛みへの応急処置に関して
親指と反対側の小指に発症する内反小趾と外反母趾の相違点
外反母趾のひどい痛みに襲われた際の対処方法について
外反母趾の骨の出っ張りが原因の痛みと対処法
外反母趾が影響して生じるふくらはぎのむくみとその原因について
外反母趾が太る原因となるメカニズムに関して
外反母趾の痛み緩和により効果的なし湿布の貼り方
外反母趾で親指の第一関節が曲がっている場合の対処法について
外反母趾を自力で治す方法と自然治癒に関して
外反母趾と水虫の関係性と各々の対処法について
外反母趾の痛み緩和には冷やすもしくは温めるどっちが適切か
外反母趾の痛い腫れの正しい対処方法に関して
外反母趾の手術に要する入院期間はどれくらい
外反母趾で患部に水がたまる原因と適切な対処法について
寝るときに外反母趾の患部にサポーターを装着する効果について
外反母趾のズキズキした痛みへの対処方法について
外反母趾が多い年齢層と発症との関係性について
外反母趾と痛風の違いと見分け方を知る