外反母趾の手術に要する入院期間はどれくらい

外反母趾の手術に要する入院期間はどれくらい

スポンサーリンク

 

外反母趾の症状が悪化し、手術が必要となった場合、自ずと入院期間が伴う根本的な治療となります。
実際にどの程度の日数を要するのか、退院後果たして直ぐに十分な日常生活が過ごせるのかなど、施術を受ける前にチェックすべきポイントは少なくありません。

 

 

【症状と回復次第の手術からの入院期間】

 

靴を履いての歩行時のみならず、症状が悪化すれば日常生活の至る場面でも不具合が否めぬ外反母趾ですが、治癒に際しては自力で回復に努める自然治癒、もしくは手術による医療治療いずれかの選択が求められます。
ここでポイントとなるのが、手術に際して避けられぬ入院でしょう。
お仕事をお持ち、ご家庭の主婦など、それぞれの立場を考えるまでもなく、元の生活に復帰出来るまでに要する期間の事前確認が欠かせません。
ところが一括りでこの期間を明示出来ないのもまた、外反母趾という足のトラブルの深刻な一面です。

 

 

【時に全身麻酔を要するケースも】

 

足の親指の手術イコール部分麻酔と捉えがちですが、全身麻酔が必要と判断される症状も少なく無いのも、外反母趾の手術の特徴です。
全身麻酔となれば術前の検査などにも慎重を期さねばならず、自ずと入院期間も長くなります。
医療施設や個人差もありますが、最短でも4日から1週間程度、両足で術後の回復度合い次第では、1ヵ月を超えてしまう可能性も否めません。

 

スポンサーリンク

 

【見過ごせぬ退院後のリハビリ】

 

私達のイメージとして、晴れて退院すれば直ぐに元の日常生活に戻れると捉えがちですが、外反母趾の場合はその限りとは言えません。
術後の足で直ぐにスムーズな歩行は当然困難ですし、まずは自身の足でバランスを取って直立するところからのリハビリが求められます。
ここでも個人差が見られますが、最低でも2週間程度はリハビリ最優先の生活となり、手術前同様の日常生活の再スターとは、更にその先になると踏まえておかねばなりません。

 

 

【入院しない方がベターな場合も】

 

想定される入院期間がどうしても確保出来ない、あるいは必ずしも手術せねばならない程、症状が深刻ではない場合、通院しながらの事前治癒を視野に入れ、自力で治す選択がベターな場合も十分想定されます。
正しいサポーターやテーピングのノウハウ、日常生活に於いて注意すべき点などを正しく理解の上、焦らず実践を続けるのも選択肢の1つです。

 

 

外反母趾の手術に際して必要となる入院期間は、症状や個人差こそ見られますが、最短でも4日以上、両足の場合は1ヵ月を超えるケースも珍しくありません。
更に術後のリハビリ期間が半月程必要となり、自力回復に努めての外反母趾の自然治癒も、自身の状況に応じて視野に入れるべき選択肢です。

 

スポンサーリンク

関連ページ

外反母趾は病院の何科で受診すべきか
子供の外反母趾に気づいた時には何科の受診が必要か
足の親指に生じる外反母趾のしびれの原因と対処に関して
外反母趾の対処におすすめのサポーターは100均でも調達可能
外反母趾がテーピングで治った事例を検証する
初期の外反母趾はどれくらいの痛みを伴うのか
外反母趾に伴う痛みが生じる場所とその特徴について
男性に生じる外反母趾の原因について
外反母趾とリウマチの違いを正しく理解する
突然生じた外反母趾の激しい痛みへの応急処置に関して
親指と反対側の小指に発症する内反小趾と外反母趾の相違点
外反母趾のひどい痛みに襲われた際の対処方法について
外反母趾の骨の出っ張りが原因の痛みと対処法
外反母趾が影響して生じるふくらはぎのむくみとその原因について
外反母趾が太る原因となるメカニズムに関して
外反母趾の痛み緩和により効果的なし湿布の貼り方
外反母趾で親指の第一関節が曲がっている場合の対処法について
外反母趾を自力で治す方法と自然治癒に関して
外反母趾と水虫の関係性と各々の対処法について
外反母趾の痛み緩和には冷やすもしくは温めるどっちが適切か
外反母趾の痛い腫れの正しい対処方法に関して
外反母趾で患部に水がたまる原因と適切な対処法について
仮骨性外反母趾の症状と適切な治療方法に関して
寝るときに外反母趾の患部にサポーターを装着する効果について
外反母趾のズキズキした痛みへの対処方法について
外反母趾が多い年齢層と発症との関係性について
外反母趾と痛風の違いと見分け方を知る